PIC01_学資保険

学資保険を大学入学時に合わせる

学資保険に加入する場合にはいくつかのプランと金額を検討します。
進学に合わせて加入します。
我が家の場合は生まれた年に学資保険に加入しましたが、高校入学時100万円と大学入学時300万円のプランにしました。
我が家の場合は保険会社の比較検討をする事なく加入してしまいましたが、比較検討してから加入する事をおすすめします。
インターネットを利用すれば一括請求も可能です。
金額の部分は自由に変更できます。
貯蓄型の保険です。
長期間の保険になりますから金利も大きく影響します。
また保険期間中は病気やけがでも保障がつくタイプもあります。
また保険料を納めている人にもしもの時はその後の保険料を保障してくれるタイプもありますので検討するといいです。
大きくなっていくと教育にかかるお金は大きくなります。
大学入学を目指して中学や高校を私立に入学する場合もあるでしょう。
また大学も国立大学と私立大学では学費や入学金も異なります。
加入時にはどちらに進学する事になるかわかりません。我が家の場合は子供が二人います。
一番お金がかかる時期が重なる事も考えて加入をしました。
加入時によって保険がおりる時期が異なります。
また入学時の入学金などの払い込みの時期が早い場合も考えられますのでわざと1年前に支払われるように設定する事もできる場合があります。
また入学1年前には塾など準備にお金がかかりますので、この様な時期に合わせて加入してもいいです。
特に国立を目指している場合は準備期間の方がお金がかかる場合があります。
学資保険に入っているだけで金銭面で安心です。


学資保険の支払い方法はいくつかあります。
毎月支払って行く方法ですと、多くは銀行引き落としになります。
その他、半年分、1年分などまとめて支払う事も可能です。
一括して支払う方が多少割引サービスが得られます。
またお金に余裕があったり貯金がある場合は全額一括納入も可能です。
この場合はかなり割引になります。
貯金の利率が低い現在であれば貯金しているよりも学資保険を一括納入した方がお得な場合もありますのでその点も検討するといいです。
我が家の場合は二人の子供がどの時点で私立学校に入学するかわからなかったのでとりあえず二人の子供にかかる教育費が一番大変な時期を上の子供が大学入学する高校3年に早めにもらえるように設定しました。
私立の高校に通学する場合もお金がかかりますが、下の子供の事も考えて時期を選びました。
各家庭によってプランを検討するといいです。
インターネットを利用すれば多くの保険会社がどのような学資保険を提供しているかよくわかります。
保険会社を比較検討する場合には専門家の個別相談もいいです。
無料で相談する事ができます。
その家庭によって希望するプランなどが違います。
あた毎月の収入に応じて加入する事も重要です。
学資保険で家計を圧迫しすぎては問題です。
その辺りのバランスを判断してくれるサービスですので大変便利です。
インターネットからも相談の日時を予約する事が可能です。
また男の子の場合は病気やけがの場合に保障されるタイプを充実しておけば安心です。
長い間には色々な事があるものです。将来に備える事は重要な事です。


Copyright(C) S_H_G All Right Reserved