PIC01_学資保険

学資保険の資料請求の仕方と選び方

まず学資保険とは教育費の貯蓄を目的にした保険で、毎月の保険料から中学、高校、大学などの進学時にに学資金を受け取ることができる制度でわかりやすく言うならば学習資金の積み立てと生命保険の両立をしている制度です。
また契約者や子供が万が一無くなってしまった時に死亡給付金や子供の保険料免除といた保証を行っているところが多いです。
基本的に保障内容は各生命保険会社ごとに異なっていますので、まずは資料請求をして自分にあった保険会社と学資保険を見つけることが大切です。
資料請求の仕方ですが、私の経験からすると保険会社の簡単資料請求サービスや一括資料請求サービスが便利です。
せっかく積み立てるのですから少しでも良い条件や自分にあった条件の保険会社や保険のシステムを探したいですが、一社ずつの資料請求やその比較は大変な作業なのですが、この二つのサービスは違います。
どう違うのかと言いますと、このサービスは複数の異なる保険会社の見積もりや相談を一括で行えるので自分が求めている保険を見つけやすいのです。資料請求をした後、各学資保険の選び方の基準としては自分が何を求めているのかが大切です。
その次には子供にかかる教育費の計算や月々の無理のない支払額の計算などを行うことが大切です。
また支払い方法には各保険会社にもよりますが月払い、半年払い、年払い等と言った支払い方法がありますが、私は月払いをお勧めします。
他の半年払いや年払いと言った払い方はどちらかというと金融商品として面が大きい物ですので、単純に教育費のためにこつこつと積み立てるのならば月払いがよいとされているのです。


また学資保険の普通の貯蓄に比べてのメリット、デメリットやその保険同士の違いなどを書いていきます。
メリットは死亡時に以後の保険料が免除されることや、子供にもしも事故などでgけがをした場合の入院費などを保証してくれることや万が一死亡した場合の死亡保障が受けられるプランなどもあります。
ただ、医療保障込みですとその分お金がかかってしまうのでその点はよく考える必要があります、私はすでに他の保険に入っていましたので学資保険の際は医療保険がない物を選びました。
デメリットとしては貯蓄性の高い生命保険である分仕方ないのですが、元本割れの可能性があります。
また元本割れしていない保険でも途中解約などをすると元本割れの原因になってしまいますので注意が必要です。
他にも保証型との組み合わせ、育英年金や子供の医療保険などとの組み合わせなどでは当然ながら元本割れしてしまいますので、保険に加入する前にどの程度元本が保証されるのか聞くのは当たり前ですし、他にも自分でよく調べるなど対策を取っておくことが必要です。
そして選び方ですが、一番大事なのは貯蓄型か保証型かどちらのタイプを選ぶかです。
保証型は医療保障や死亡保障などの教育金以外の保証が充実しているタイプの保険です。
貯蓄型は教育資金を積み立てることを基本として他の保証が付いていないシンプルな保険です。
貯蓄型の選ぶメリットはやはりその返戻率が100パーセントを超える所です。
わかりやすく言いますと払った額以上に戻ってくるのです。
その分他の保証はありませんが、子供の教育費のことだけを考えるならばこれが一番と言われています。
私のお薦めとしてはやはり貯蓄型の学資保険です。
こちらに返戻率の高い学資保険が紹介されていましたので、参考にしてください。


Copyright(C) S_H_G All Right Reserved