PIC01_学資保険

学資保険の選び方を通して家族の生活をより豊かにできます

学資保険という言葉は近年この種類の保険そのものを取り扱う保険会社が増加しているので耳にする機会が増えました。
そのため、第一子の子供が誕生した時改めて今後の自分自身の生活設計と、家族の未来について考えた結果こうした保険への加入というアイディアはすぐに浮かびました。
しかしやっぱり迷うのは学資保険の選び方です。
各社良い点が目白押しですが、満期時の受取金額や月々の保険料、もし親自身がなくなったときの子供に残せるものの違いやなど特色が異なっているのです。
そこで、便利なインターネットで様々な保険の比較をしたり来店型で色んな保険会社の保険を一同に扱うお店に出向いて相談を重ねてみることにしました。
インターネットでの比較は保険料の差異等も調べることが可能で、働きながらかつ生まれたての小さな赤ちゃんを育てながら時間を縫って調べることができてこの選び方はとても簡単でした。
また、来店型での比較はこの知識を踏まえたうえで訪れたのですが、保険料だけで比べるのではなく、お得な特約を付けることができるものや貯蓄性も高く資金を運用するメリットの説明もしてもらえたのでこちらも大変良い機会となりました。
選び方もこうして1つではなく、いくつか組み合わせて親として勉強していくことで学資の面だけではなく自分たちの給与や貯蓄、子供を育てていくうえで本当に必要な資金は何かを深く考えることができたのです。
結果数社に絞り込み、今の自分たちの給与から保険料を支払っても、過剰な負担に感じすぎない保険商品に絞り込み、無事に加入することができました。


こうした経験を通して学資保険の選び方で非常に重要なことは2つあると感じます。
まず1つは、保険料だけで保険を選ばないことです。
保険料は安い方を選択してしまいがちだったのですが、保険料の中には特約や死亡保障、子供のけがをかばーするなど学資保険1つで傷害保険など、損害保険分野ような要素を持つ商品もあり、別々に入るよりも割安になることもあるので保険料だけで選ばずに生活をカバーしてほしいものを選ん部方がよりおとくであることも選ぶと安心でした。
特約を自分たちで選んで付帯し、充実した内容の保険に自分たち自身の手で育てるような視点を持つことが大切でした。
もう1つは、貯蓄性も忘れてはいけないということです。
月々の保険料は各社保険会社がきちんと運用しており、満期時まで解約をしないか払込期間を超えれば元本割れはしない、など各社工夫がなされ商品を販売しており、払込保険料よりも返戻が多くなっています。
貯蓄性も高い、となると手元にお金を置いておくとつい、日常の生活で使ってしまいがちですが子供に貯金を残す感覚で保険も入ることができるのでこの視点も1つ目と同じく非常に大切でした。
このように学資保険の選び方を通して貯蓄なども深く学ぶことができたのです。
万が一自分たち親が病に伏してしまったときや、大学進学費用の貯金を考えているなど、出産を機に色々考えれるようになったなら、こうして学資保険の選び方を通して自分たち家族の人生設計を組み立ててみるのもよい方法だと経験を通して触れることとなりました。
我が子のために残せるものをゆっくり家族でつくっていけるのが学資保険なのでしょう。
こちらに学資保険の目的と注意点がかかれているのでご覧ください。



Copyright(C) S_H_G All Right Reserved